前へ
次へ

医療を考える上での基本に関して

一般的な企業で優先されるのが、お客様ファーストの考えです。
日本のサービスは世界でもトップの水準ですし、世界的な評価はずっと変わりません。
これは医療においても当てはまりますし、患者ファーストを貫くべきではないでしょうか。
大学病院や総合病院の待ち時間は長いですし、患者にとっては大きな負担となってしまいます。
薬や検査の待ち時間もそうですし、これを減らすことが出来ると体調も良くなるのではないでしょうか。
ここで重要になるのが、掛かり付け医を持つことです。
掛かり付け医があれば、大きな病院が混雑することが少なくなります。
精密検査が必要な場合は、紹介状を貰って大きな病院で診て貰えば良いだけです。
医師の采配も大切ですし、患者一人一人の覚悟も求められるのではないでしょうか。
日本の医療の更なる発展は、一人一人の行動に委ねられています。
体調管理をしっかりとすることで、医療費の抑制にも効果があります。
今すぐに実践して下さい。

Page Top