前へ
次へ

医療機関で絶対的に配慮が必要な場合

インフルエンザなど感染症が疑われる場合には、医療機関を受診して速やかに対処をしなければいけません。
最近では高熱が出ないタイプのインフルエンザもあるので、高熱が出ないから大丈夫ということはありません。
インフルエンザが疑われる患者が受診をした場合には、医療機関側でも配慮をしなければいけません。
他の受診者が感染をしないように、隔離をする必要があります。
医療機関でインフルエンザウイルスをもらってしまう、ということも多いので、医療機関側で対応をする必要があります。
風邪も同じで免疫力の弱い子供にも感染をしないように、注意をする必要があります。
受診をしてインフルエンザをもらってしまうリスクを負うよりは自宅でおとなしくしていたほうがよい、ということもあるので、感染しないように予防をしておく、工夫をしておくということはとても大切なことになってきます。
安心をして受診できる環境を作ることも求められていることでしょう。

Page Top